布団太鼓台製作の梶内だんじりや HOME > だんじり(壇尻・地車)の製作

だんじり(壇尻・地車)の製作はだんじりやへ

だんじり(壇尻・地車) だんじり(壇尻・地車)とは

だんじり(壇尻・地車)

だんじりは、「壇尻」や「地車」、「台尻」など、地域によって様々な呼び名があります。だんじり(壇尻・地車)とは、祭礼の山車(だし)のことです。
この語源は諸説様々で、『山車(だし)』が一部方言化されて『だんじり』となったとする説や、屋台をじりじりと動かす様から、当初『台ずり』と呼ばれていたものが転じて、『だんじり』となったとする説や道教や密教で「祭壇」や「塚」を意味する「壇」を引きずるという意味から『だんじり』となったという説。などたくさんありますが、正確な語源はわかっておりません。
そして、この言葉で岸和田のだんじり祭りを思い浮かべる方が多くおられると思いますが、岸和田だけではなく、他にも、大阪市内・北河内・神戸・宝塚・泉大津 その他にも広く分布しており、熱い祭りがくりひろげられています。 だんじり(壇尻・地車)は職人達の調和により手作りにて作成しております。 だんじりやでは、だんじり(壇尻・地車)の製作以外にも、神輿の製作をしております。ご興味のある方は、こちらからご覧下さい。 神輿の製作についてはこちら

だんじり(壇尻・地車)