布団太鼓台製作の梶内だんじりや HOME > だんじりやの沿革と歴史

梶内だんじりや 沿革と歴史

沿革と歴史
創業者梶内近一
創業者梶内近一と当社のあゆみ

当社創業者、故梶内近一は、明治29年徳島県三好郡池田町に生まれた。子供の頃、近くの五社神社の祭りで見ただんじりのキラキラ輝く刺繍幕の美しさに強烈な印象を受け、「大きいなったら、あんな刺繍ができる日本一の職人になるんや」、と、11歳の明治40年、山下茂太郎師に弟子入りした。
以来今日に至るまで日本の祭りを彩るだんじり飾幕一筋に歩み、その卓越した技能が広く世間に知られることとなった。
大正9年、現在地に「梶内だんじり店」を創業。その後も常に第一線にたち、「浮きもの刺繍」の考案をはじめ、数多くの作品を世に生み出した。また後進の指導にも努め、その功績により数々の表彰も受けた。

沿革
明治 29年 徳島県三好郡池田町長馬場に生まれる
37年 母、父と相次死別
40年 白地小学校卒業、地元の金糸刺繍業者である山下繍店へ弟子入り
大正 5年 年季が明く
7年 長男嘉蔵生まれる。仕事を求めて淡路島へ渡る
9年 現在の志筑に金糸刺繍業、梶内だんじり店創業
15年 初仕事、御殿物の飾り幕を製作し好評を博す
昭和 15年 立体的な「浮きもの刺繍」を考案
25年 明石市大蔵町に支店を開く
26年 大阪市天王寺区逢坂に支店を開く
28年 梶内だんじり株式会社に改組、代表取締役就任
43年 兵庫県・ワシントン州姉妹都市提携に際し、県の依頼を受けてミニだんじりを製作。後に、ワシントン州立博物館に記念陳列された。
45年 大阪仏壇店、多宝堂開店
46年 兵庫県技能顕功賞受賞
48年 兵庫県商工会大会表彰
53年 労働大臣卓越技能賞受賞、津名町表彰
56年 本社社屋完成、ポートピア博出展
60年 おのころアイランド博出展
62年 勲六等瑞宝章(ずいほうしょう)受賞
63年 姫路シロトピア博出展
平成 元年 兵庫県立こどもの館にミニだんじり寄贈
梶内近一93歳で逝去する
二代目嘉蔵代表取締役に就任
11年 三代目純治 代表取締役に就任
嘉蔵 会長に就任
15年 兵庫県芸術文化協会より
「ふるさと文化賞」嘉蔵受賞
当社作の昭和初期丹波篠山のだんじり幕
昭和30年頃の作業風景
だんじりや
浮きもの刺繍